町保健福祉センターにおいて、みなかみ町ふれあい交流会が開催され、身体障害者福祉協会とみなかみ町手をつなぐ親の会の会員が参加しました。

開会後、ぴっころのメンバーによるハンドベル演奏が行われました。「きよしこの夜」では、参加者が演奏に合わせて歌を唄い和やかな雰囲気になりました。
ぴっころハンドベル演奏

続いて、立川朝志師匠による落語「オレオレ詐欺」の講談です。
立川朝志師匠の落語を聞く参加者
なじみのある歌謡曲を織り交ぜながらの落語では会場から大きな笑い声が上がっていました。
落語を聞いて笑顔の参加者
そして古典落語「壺算」から、どのようにして詐欺に騙されてしまうのか楽しみながら考えることができました。
立川朝志師匠

落語の終了後にはぴっころの商品の販売会が行われ、パンやクッキーを買い求める参加者で賑わっていました。