令和3年2月12日、みなかみ町社会福祉協議会地域福祉課職員の研修会を開催しました。

今回は片品村社会福祉協議会の千明長三さんに講師をお願いして「安心マップ」を学びました。

本来であれば多くの皆さんの参加をいただきたいところですが、今回は職員研修としました。

片品村では毎年、社会福祉協議会が開催する地区別福祉関係者会議で「安心安全マップ」を作成しています。

避難に支援が必要な人と支援者を地図上で線で結びます。災害時の迅速な避難のために役立ちます。

作ったマップをお互いが確認することで心と心もつながり、地域の福祉力が向上します。

今回の研修をもとにみなかみ町でも支えあいの輪を作っていきたいと思います。

「雪かき」でも先駆的に取り組んでいる片品村社会福祉協議会の取り組みは、下記でも紹介されています。