みなかみ町社会福祉協議会の経営理念の一つに

「地域住民及び福祉関係者の協働による包括的な支援体制の構築」があります。

子ども、高齢者、障害者、生活困窮者などの相談をいろいろと受付いています。「その相談は受け付けられません」ということがないように関係の係、または、社協以外の関係者とも協力して相談に応じるように努めています。

「ごみステーションまで運び出すことができなくなった」といった相談には、ボランティアセンターに登録している人や、その方の近所の方、あるいは近くに「社会福祉法人等連絡会」に加盟している事業所に「ごみ出し支援」をお願いします。

介護支援専門員が担当する家庭で、仕事を解雇された息子さんがいたら、生活困窮者自立相談支援事業の相談員が一緒に相談にのったりしています。

地域包括支援センターに「スズメバチの巣ができて困っている」という相談が役場を通じてあったら訪問して、駆除してくれる業者さんを紹介した上で、「町の助成制度」の手続きを手伝ったりするなどもしています。

住民のみなさんが「ここに相談してみればなにかきっかけがつかめるかも」。

みなかみ町社会福祉協議会では、みなかみ町と協働して「ともに安心して相談を受けられる場所づくり」を考えています。

このほど、みなかみ町が策定した「みなかみ町過疎地域持続的発展計画」にもその取り組みが盛り込まれています。

以下は、みなかみ町ホームページから紹介。

みなかみ町過疎地域持続的発展計画は下記の画像をクリック(2.02MB)

特に関連するページは45ページです。

r3_kasotiikizizokutekihattenkeikakuのサムネイル

画像をクリックみなかみ町過疎地域持続的発展計画(PDF)2.02MB

7 子育て環境の確保、高齢者等の保健及び福祉の向上及び増進 ・・・・・・・・・・ 45
(1)現況と問題点 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
(2)その対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 46
(3)計画 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 47
(4)公共施設等総合管理計画との整合 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 48

https://www.town.minakami.gunma.jp/politics/04machikeikaku/shakaikiban/2021-0917-1448-71.html