みなかみ町地域包括支援センターでは、今年度5回目の「地域ケア個別会議」を開催しました。

「地域ケア個別会議」は、多職種の専門的な視点に基づいた助言を通じ、自立に資するケアマネジメントの視点やサービス等の提供に関する知識や技術を習得することを目的としています。また、こうした検討を積み重ねることにより地域に不足しているインフォーマルサービスなど行政課題を発見することや、それらの解決に向けた検討を行います。

介護予防計画を作成する介護支援専門員のほか、利用しているサービス事業者の担当者、理学療法士、作業療法士、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士などの参加をいただき開催しています。