『住みよいまちから住みたいまちへ』

社会福祉協議会ってどんなところ?

社会福祉協議会(略称 社協)ってなに?

「社協」って知っていますか? 社協とは、「社会福祉協議会」 を略した呼びかたです。
社協は、社会福祉法109条に基づいて組織された民間の福祉団体で、市民の皆さまやボランティア、行政や関係団体・専門機関の参加・協力を得ながら活動することを特長としています。
また、民間組織としての「自主性」と、地域の皆さまやさまざまな分野の関係者に支えられた「公共性」という2つの側面を合わせ持っています。
みなかみ町社協では、町民皆さま一人ひとりが主体となって、地域のなかの“困ったなぁ”“どうしよう”という声にみんなで考え、話し合い、保健・医療・福祉などの関係者や行政機関の協力を得ながら、「住みよいまちから住みたいまちへ」を目指して、柔軟に福祉活動や事業を推進していきます。

社協の組織や構成は?

みなかみ町社協の運営にあたる理事・評議員は、地区社協会長、区長、民生児童委員協議会、地域団体・福祉団体の代表者、ボランティア、福祉施設、行政、学識経験者等で組織されています。
みなかみ町社協は、みなかみ町内の各ボランティア、保健・医療・福祉などの団体、行政、そして地域で暮らす市民の皆さんで構成されており、共に連携・協働しながら地域福祉の推進を図っています。

社協のしくみ構成図については・・こちら

社協の財源は?

みなかみ町社協を支える財源は、みなさまからご協力いただいている社協会費や寄付金が基盤となっています。そのほかに共同募金の配分金、町からの補助金、移送サービス事業、配食サービス事業等受託事業による受託金、そして独自事業収入(介護保険・障害者自立支援事業)等の財源で運営されています。

どんな活動をしているんだろう?

みなかみ町社協では、主に 住民主体による地域福祉活動の推進、ボランティア・町民活動の推進・支援、福祉教育や啓発活動、生活支援のための福祉サービスなど地域福祉活動に関することを幅広く行っています。
また、介護保険事業者として居宅介護支援事業所、訪問介護事業所、デイサービスセンターも行なっています。
『社協』の活動の源は、『住民のみなさんの声(意見)』です。そんな皆さんの声を大切にし、応えていけるよう頑張っています。

活動の内容は、各コンテンツページに詳しく紹介してありますので、ぜひそちらをご覧下さい。

お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。 TEL 0278-62-0081 午前8時30分~午後5時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

文字サイズの変更

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.